the Cat Met with Special Boxes.

第2話 暴走の証明 TESTATION

ぼうそうのしょうめいRunaway Evidence

粗筋

大手重機メーカー剣菱重工で極秘の内に開発中だった新型多脚戦車が突然、市街地に向かって暴走。
そんな緊急事態を受けて9課メンバーは思考戦車タチコマと共に現場へ。
社内でも原因不明の暴走を最小限の被害でくい止める事が出来るか・・・


登場人物

用語

セリフ

整備員1「どうなってるんだ?」
パイロット1「おい、あれには誰が乗っている・・・?おい!止まれえ!」

整備員2「なんだ?止まったぞ・・・」

パイロット1「うわあ!」
整備員&パイロット達「あ・・・うわあ!」

開発部長「おい、何が起きてるんだい?」

大場「これでいいんだろ?加護・・・」

a stand alone episode:暴走の証明 TESTATION※1

9課鑑識1「今の所、各機体毎の個体差は認められんな。」
バトー「つまりお前には個性がねえって事だよ。」
タチコマ「個性?」
9課鑑識1「どの機体をチョイスしても、同じスペックで扱えると言って欲しいね。」
バトー「ふん、だがそれじゃあ面白みがねえぜ。」
バトー「お前にいいもんをやろう。天然オイルだ。」
トグサ「いいのか?そんなもん入れて。変な学習するかもしれないぜ?」
バトー「いいのいいの。これは機械に対する愛なの、愛。」
タチコマ「おおー!?いつもの合成オイルと違いますねえ。」
バトー「おうよ。」
タチコマ「あっ、少佐!」
バトー「げっ!」
草薙素子タチコマ6機をフル装備で出動準備。」
バトー「何かあったのか?」
草薙素子「36分前、剣菱重工の演習ドームで新型多脚戦車が暴走を始めた。搭乗者は1週間前に死亡したこの戦車の設計者、加護タケシの認識コードを使用していると言う点以外詳細は不明。犯行声明や要求等は今の所無いが、播磨研究学園都市内で起こった状況を考慮、内務省はテロの可能性を示唆し、我々公安9課にこれを止めろとの出動要請が出された。暴走は剣菱重工が行った最終調整の演習中に起きたそうよ。暴走の原因がハードおよびソフトのセキュリティ面の欠陥であったとなれば、全ての責任を剣菱に押し付けたいと言うのが、正式採用を検討中だった陸自の本音ね。」
バトー「相変わらずだな。」
草薙素子「テロリストからの声明があった場合のみ彼等はこの件に手を貸すそうよ。」
トグサ「ひでえ話だ。面子で国防は務まらねえっての。」
バトー「それにしてもスペックの良く分からねえ戦車相手にタチコマで?」
草薙素子「この子達も捨てたもんじゃないわよ。」
タチコマ「さっすがです少佐!」
バトー「まじ?」

9課オペレーター少佐。戦車は進路を変えて播磨研究学園都市を出て行く模様です。
草薙素子「チャンスだな。学園都市から伸びるテクノラインは山道を切り開いた専用道路。りは農村ばかりだ。よし、戦車がテクノライン上にいる内に叩く。パズ電脳化義体化等に反対しているテロ組織から犯行声明が出ていないかを確認。ボーマサイトーは先行して播磨テクノライン上で迎撃準備。最も被害の出にくいポイントで戦車を狙撃、停止させる。トグサは剣菱で課長と合流、戦車暴走の原因を究明。私とバトータチコマ6機で暴走戦車を誘導する。」
バトー「それが君のお仕事。」
トグサ「戦車にっ飛ばされて泣くなあ!」

タチコマ:播磨研究学園都市って僕達のニューロチップが作られたとこでしょ?
タチコマ:生まれ故郷に凱旋!
タチコマ:お喋りしてると少佐に怒られるよ。

草薙素子「我々は攻殻機動隊だ。状況の説明を。」
隊長「はっ。通信によればもう直姿を現すとの事です。」
隊員A「隊長!」
隊員達「おお・・・!」
草薙素子「今の所、仲間の戦車を破壊しただけで砲撃はしてこない様だ。道を空けて後は我々に任せろ。」

タチコマ:わあ!
草薙素子:見惚れて奴の射界に入り込むなよ!行くぞ!

隊員B「攻機、初めて見たよ。」
隊員C「実在していたんだな。」

草薙素子:現状の距離を保ち、迎撃ポイント迄監視を継続する。
バトージガバチだ。陸自の奴等高みの見物のつもりかよ。
草薙素子剣菱重工への牽制と保険よ。
バトー:それにしてもこいつの目的は何だ?目的地も分からんし、大体本当に人が乗ってんのかよ?勝負にならんのは分かるが、こんだけ完璧に無視されると頭にくるぜ。
草薙素子:じゃあ鼻先に回り込んでみる?
バトー:冗談だよ。親父とトグサからの情報を待つぜ。
パズ少佐。該当しそうな組織23の内20を洗ったが、やはり本件に絡んだ声明等は出されていない。
草薙素子:よし。残り3を洗ってそれでも何も出ない場合は、他のルートを使って検索をかけろ。
バトー:愉快犯、戦車泥棒、もしくはAIの故障って線で手を打たねえか?
草薙素子:愉快犯も戦車泥も、広義においてはテロだ。AIの故障の線は捨てきれないけど、それは課長達の報告を待って結論を出す。
バトー:へいへい・・・

荒巻大輔「先頃亡くなった開発担当者の加護タケシの同僚で、同じく開発を担当していた大場と言う技師がいる。暴走した戦車を直前迄整備していたそうだ。お前達は彼を事情聴取しろ。儂は剣菱の上層部と掛け合う。」
トグサイシカワ「はい。」

トグサ「開発担当の大場トシオさんですね?」
大場「あ・・・はい。」

荒巻大輔「被害を最小限に抑える事をお望みでしたら、新型戦車に関する全ての情報を速やかに我々に提示して頂きたい。」
荒巻大輔「これで全て・・・ですかな?」
開発部長「ええ・・・」

荒巻大輔少佐剣菱重工から提供されたデータを送る。

草薙素子:確認したわ。これなら何とか抜けるわね。
バトー:結局ごつい戦車の尻見て終わりか?もうすぐ迎撃ポイントだぜ。
草薙素子サイトー、準備は?

サイトー:もう少しです。
ボーマ「こんなもんか?」
サイトー「ああ。」

サイトー少佐、離れてください。
草薙素子:まだだ、気付かれない様にぎりぎり迄待つ。

サイトー:衛星とリンクした。
サイトー少佐草薙素子:よし!

草薙素子:課長!?
サイトー少佐鷹の目のデータが盗まれている。奴は衛星とリンクしているようです。目視で、あとワンチャンス!

荒巻大輔「残念ながら、全ての情報を教えては貰えなかったようですな。」

草薙素子:そのまま撤収。合流しろ!
サイトーボーマ:了解。

バトー:高速に乗るつもりだぞ。
草薙素子:急いで行きたい場所があるんでしょ。

バトージガバチが離れていくぜ。
草薙素子:そろそろ報道管制が破られる頃だ。テロリストからの犯行声明も無く、剣菱もこの件を自社のミスと認めない限り、陸自は白を切り通すだろう。
バトー:俺達で止めるしかねえのか。猿親父に期待しようぜ。
草薙素子:そう悠長な事も言ってられないわよ。奴が分岐でどっちに行きたがるかで話は違ってくる。

荒巻大輔陸自の答えは聞かなくてもお分かりでしょう。後は剣菱が公安9課を信用して頂けるかですな。」
開発部長「HAW-206は剣菱が6年の年月をかけて開発したんだぞ!?スペックを公開する事で受ける損害を、貴方達警察が保証するとでも言うのか!?」
荒巻大輔「それは購入先があっての事でしょう!このままでは剣菱のマークが入った宣伝カーが、最悪のデモンストレーションをして回る事になりますが、よろしいか!?」
社長「何とかお宅の戦車だけで、あれを足止めする事は出来んかね・・・?」

トグサ「さっきから何を気にしているんです?教えてくれないかな?あの戦車、君が作ったんだろ?何が原因で暴走を起こしたと思う?本当に心当たりは無いのかな?別に、この件で君を容疑者として取り調べている訳じゃないんだ。もっと協力してくれないかな・・・?それとも、何か話せない事情があるのかな?」

草薙素子バトー、奴がどっちに行きたいのか確認するぞ!
バトー:市街地に向かうんじゃねえの?
草薙素子:撃たれるなよ!

草薙素子:散れ!
タチコマ:あわわわ!
バトー:大丈夫か!?
タチコマ:ダイジョブデース。
草薙素子:お前はそこで救助を待て!
タチコマ:オー・・・

タチコマ:いいないいな、壊れたよ!
タチコマ:構造解析されちゃうかも!?

草薙素子:課長、奴は橋に進路を向けたわ。対戦車ミサイルが使えるラストチャンスかも。あいつにそれが有効かだけでも聞いて。しくじればSPring-8の4倍の税金をかけた橋を落とす事になるかもって。
荒巻大輔「だ、そうです。いかがかな?開発部長。」

草薙素子:対岸に渡ったら、すぐに市街地に入るわ。ますます打つ手がなくなるわよ?

開発部長「ミサイルは止めた方がいい。モードLで操作されていると思われるので、殆どの無線誘導弾にジャミングをかけられます。」
荒巻大輔「レーザー誘導でも?」
開発部長「レーザー誘導の場合には欺瞞信号を出してミサイルを逸らします。オンライン誘導でも射程距離が300m以上の場合なら90%以上の確率でハッキングをかけ、ミサイルを発射した本人に送り返す事も可能です。」
荒巻大輔「黙っていれば、いい宣伝材料になったでしょうな。」

トグサ「課長、戦車に誰が乗っているかが分かりました。」
社長「誰があれを動かしているんだ!?」
トグサ加護タケシです。」
開発部長「加護タケシだって!?あいつは1週間前に死んだんだぞ!?」
トグサ「ええ、聞きました。彼の話では、死んだ加護の脳を戦車のAIに繋いだそうです。」
開発部長「何故そんな事をしたんだ!?」
大場「それが・・・彼の遺言だったからです。」
トグサ少佐、聞いてます?戦車の目的地は加護タケシの実家です。これが所在地。
草薙素子:大分近いわね。
トグサ:ええ、やばいです。加護タケシの目的は両親への復讐ではないかと思われます。

トグサ:加護は、兵器の設計に天才的な才能を発揮し大学在籍中にスカウトされた人物ですが、生まれつき体が弱く、医師からも義体化しない限り二十歳の春は迎えられないと言われていた様です。しかし宗教的な理由から義体化はもちろん、電脳化すら許されず、殆ど戦車の開発への執念で28迄生きていた様な状態だったそうです。似た様な境遇に育ちながら義体化する事で生き長らえた大場は、加護の死ぬ間際の遺言、肉体が死んだら宗教から開放される、そうしたら脳を取り出し戦車に繋いでくれ、と言う約束を実行したんだそうです。

荒巻大輔「儂だ、淡路署のイシヅカ君を呼び出してくれ。」

草薙素子:それで、何故両親に復讐を?
トグサ:生前加護は病弱な体に自分を生んだ両親を恨み、事ある毎に、鋼鉄の体に生まれ変わりたい、と言っていたそうです。生から開放されれば両親の教えに背く事なく鋼鉄の肉体を手に入れられる。加護はその夢を大場に託したんです。

バトー:あーあ、強引な奴。
草薙素子:ここからだと目的地はすぐね。とにかく追うぞ。
バトー:特攻でもかけるか?

荒巻大輔「とうとう市街地に入りましたな。現在あの戦車による死傷者は一人も出ていません。ですが、これから先はどうなるか予想が付きませんな。」
社長「死傷者は・・・ゼロ・・・」
開発部長「しゃ、社長!それは・・・!?」
社長「儂は、剣菱自体を明日に残さねばならんのだ。」
荒巻大輔「ご協力に感謝致します。」

草薙素子:ワイヤーで戦車の足を狙うぞ!
タチコマ:了解!

草薙素子:ワイヤーを切れ!

草薙素子:物理的攻撃では無理ね。
バトー:馬鹿な考えを起こすなよ!軍の防壁だ、脳を焼き切られるぞ!大体有線出来ねえだろうが!
草薙素子:やるだけやってみるわよ!

荒巻大輔「有効射程迄後どの位だ?」
9課オペレーター「約2分です。」

バトー少佐!」

草薙素子「ぬぅ!」
バトー少佐、無理だ!やめろ・・・!お!?」

イシカワ「止まれえ!」

草薙素子「課長・・・!」
バトー「猿が狸を説得したか・・・剣菱の対多脚戦車兵器か。あるならさっさとよこしやがれ。」

草薙素子「うっ!」

草薙素子「やっと止まったか。」
バトー「すげえ粘着力だな。」

草薙素子:課長。攻性防壁解除の暗証コードを。ハッチをパージして加護の脳を取り出すわ。
草薙素子(戦車の防壁が無ければ、只の無防備な脳だわ・・・)

草薙素子バトー、手を貸して!」
バトー「おう!物理的なトラップか?」
草薙素子「大丈夫だと思うけど、念の為用心して開けて。」

加護の母「タケシ・・・タケシ・・・なのかい・・・?」

草薙素子「馬鹿な!何故避難していない!?」
バトータチコマ!」
草薙素子「うっ!」

加護の母「ああ・・・」

荒巻大輔「止めたか!?」

開発部長「誠に、申し訳ございません・・・」
トグサ「たった今、加護の脳を焼き切ったそうだ。」
大場「加護・・・」

バトー「糞っ垂れ、そこ迄自分の親が憎かったのか・・・!?」
草薙素子「違う・・・加護の脳を焼いた時、一瞬だけど感じた。どうだい母さん、鋼鉄の身体になった俺の姿は?そんな自慢とも、復讐ともつかない奇妙な感覚・・・」
バトー「止めとけ。それは只の錯覚だ。」
草薙素子「ならいいんだけど。それを確かめる術は、2度と無くなったわ・・・」


脚注
※1:「test」に行為、状態、結果等を意味する名詞を作る為の「-tion」を付けた造語。

「第2話 暴走の証明 TESTATION」をGoogle検索
「第2話 暴走の証明 TESTATION」の画像検索
「第2話 暴走の証明 TESTATION」の動画検索