the Cat Met with Special Boxes.

第3話 ささやかな反乱 ANDROID AND I

ささやかなはんらんA Modest Rebellion

粗筋

ある日、突如としてアンドロイドの同時多発自殺事件が発生する。
操作に乗り出した9課は、それが全て、あるメーカーの同型モデルのアンドロイドにのみ起きていると言う事実を掴む。
事件の捜査を進めるにつれ、ある男とアンドロイドの存在が捜査線上に浮かんだ・・・


登場人物

用語

セリフ

a stand alone episode ささやかな反乱 ANDROID AND I

草薙素子「これ?例のアンドロイドを未だに生産し続けている工場って。意外と小さいわね。アンドロイドの一斉自殺なんて如何にもマスコミが飛び付きそうなねたね。」
荒巻大輔「10分やる。儂が責任者に事情聴取する間、お前は生産ラインの中身を洗え。」
草薙素子「了解。タチコマ、分かってる?」
タチコマ「無論です。こう見えてもプロですから。」

荒巻大輔「工場長を呼んでくれ。」

阿部「倉庫に回しておけ。」
荒巻大輔公安9課の荒巻です。今回一斉に暴走したお宅のアンドロイドの件について事情聴取に伺いました。」
阿部「私、工場長の阿部と申します。今回はこの様な騒ぎを起こして本当に申し訳ありません。」
荒巻大輔「同一の機種だった様ですな。」
阿部「ええ、GA07-JLK、ユーザーの間ではジェリと呼ばれていたタイプです。発売直後はそこそこ売れましたが、今は全国でも8000体が稼動しているのみです。正直もう内の目玉と言う訳ではないんですよ。生産もアフターケア用の部品製造のみですし。」
荒巻大輔イシカワイシカワ:聞いてますよ。今調べます。
阿部「今となってはデザインも古いし、動きも会話もぎこちないって言うんで部品製造の方もいつ迄続くのやら・・・」
荒巻大輔ジェリと言う特定機種が狙われた点に何か心当たりは?」
阿部「それが無い訳では無いんですが・・・実はジェリはユーザーが不適切な改造をしていた事の多かった機種なんです。まあ我が社の上層部はそれで売れてくれるんならって寧ろ喜んでましたがね。内の工場の若い連中なんかジェリが自分の運命を呪って自殺したんだって気味悪がってる始末で。」

阿部「なんとか原因究明の方お願いします。」
荒巻大輔「ご心配なく。」
荒巻大輔少佐、行くぞ。
荒巻大輔「失礼します。」

草薙素子ウイルス性の暴走に間違いないわ。定期点検プログラムに紛れ込ませてネット接続してきたユーザーのジェリに片っ端からウイルスを潜入させている。恐らくは修理点検の為に工場に回収されてきたジェリの内どれかに時限性のウイルスが仕掛けられ工場のプログラムに混入した。念の為イシカワに中身分析させてるけど。」
荒巻大輔「一般ユーザーの犯行か。国会議事堂とは無関係だと思うか?」
草薙素子「多分ね。それでも一応確認は必要なんでしょ?ジェリユーザーのリスト手に入れたわよ。」
荒巻大輔「優先順位の高いものから片っ端に当たれ。バトーパズにもリストを。」
草薙素子「もうとっくに送ったわよ。さっそく1件目に向かうわ。」
荒巻大輔「うむ。」
草薙素子タチコマは9課に戻って別命ある迄待機。残念だけど今回は出番無さそうね。」
タチコマ「ねえ少佐・・・聞いた話では留守番をするとお土産を貰う権利が発生するんですよねえ?」
草薙素子「土産話なら後でうんざりする位聞かせてあげるわよ。」
タチコマ「土産話!?やったあ!やったあ!」
草薙素子「土産迄要求する様になってきたか。」
荒巻大輔イシカワか?
イシカワ:はい。ウイルスの解析終わりました。先だって国会議事堂で禁止されたウイルスとは似ても似つかない素人臭い出来のウイルスです。
荒巻大輔:うむ。
イシカワ:一つ気になるのは保護コードらしき物が見つかりましたね。
荒巻大輔:自分のジェリだけはウイルスに感染しない様に守っていた・・・つまり犯人は暴走していないジェリを連れている可能性が高いと言う事だな?
イシカワ:恐らくは。
荒巻大輔:さっきの工場長の話はどうだ?
イシカワ:あの話は本当のようです。07JL系の新規の機体製造は3年前からもう行われていません。只、その後コアなファンによる製造中止反対のクレームが複数確認されています。
荒巻大輔:今の情報、他の連中にも流してやれ。短時間にしては良くやった。
イシカワ「ふうー・・・」
9課オペレーター「どうしました?」
イシカワ「褒められちゃったよ。」

マーシャル・マクラクラン「警察に気付かれたか・・・何度も場所を変えたのに・・・僕は君無しじゃ居られない。」
ジェリ「居られるでしょ?」
マーシャル・マクラクラン「でも居たくないんだ。僕と一緒に居てくれるね?」
ジェリ「ええ。」
マーシャル・マクラクラン「一緒にイタリアに行こう。」
ジェリ「行って何するの?」
マーシャル・マクラクラン「行ってから考えるさ。」

マーシャル・マクラクラン「悲しみは無意味だ。悲しみと無とでは、僕は無を取る。」

アナウンサー「アンドロイドが一斉に自殺すると言う何とも奇妙な事件が起こった訳ですが、今日は近代社会学者の宮代先生にお越し頂いております。先生、早速ですが今回の事件についてどの様にお考えですか?」
宮代「まあ、無論アンドロイドは生命体ではありませんから、正確には自殺ではない訳ですねえ。自壊とでも呼びましょうか。」
アナウンサー「ええ、しかし往年のSF漫画に登場した様にロボットゴーストを持ち始めたのではないかと言う噂もありますが?」
宮代「それは考えにくいですね。寧ろそういった心理をくすぐる為の愉快犯と考えるべきです。」
アナウンサー「成る程。ここでロボット愛護団体による」

バトー「くだらねえ。捜査に集中しろよ。」
トグサ「昔は割合人気あったよな?ジェリって。性能はお世辞にも褒められたもんじゃなかったけど、可愛かったし。最近じゃ滅多に見かけなくなったけどなあ。」
バトー「見かけないって事はそれだけ捜査が楽って事だ。しかも今回の事件で只でさえ少ない機体は更に少なくなってる。」
トグサ「でも何でこの手の事件を内が担当するんだよ?所轄に任せればいいじゃん。」
バトー「先月の国会議事堂でのロボット騒ぎ、あれもジェネシス・アンドロス社製だったの、もう忘れたのか?」
トグサ「いや、それは覚えてるけどさあ・・・にしても、ほぼ確実に無関係なんだろ?殆ど存在しないであろう因果関係を洗うってのは・・・」
バトー「俺らの仕事じゃないって言いたいか?万が一に備えるってのはこういう事だ。残りの9999回迄はすかって事さ。なにせ今回はウイルスの出所だって分かっていない。」
トグサ「ふう・・・」
バトー「乗り掛かった船なんだ。リストの上から虱潰しに当たるぞ。こんな仕事さっさと片付けようぜ。」
トグサ「公務員って楽しいなあ。」

トグサ「荒っぽいなあ相変わらず。俺に任せりゃ無傷で開けんのに・・・」
バトー「お前じゃ時間掛かり過ぎるんだよ。」
トグサ「ふん!」

バトー「あーあ、すげえ映画マニア・・・!ん・・・?」

バトー「何か見つけたか?」
トグサジェリに仕掛けたあったウイルス。当たりくじだ。」

バトー少佐。対象者を見つけた。勘のいい奴だな、一足遅かった。現在地と集めた情報を送る。後はイシカワの情報待ちだ。

ボーマ「ほら吐けよ。」
構成員「一々愛玩アンドロイドが何処に行ったかなんて記録してねえんで・・・」
パズ「よせ、外れだ。」
ボーマ「またかよ?詰まんねえ。」

イシカワ:犯人の身元を確認しました。カナダ大使の息子、マーシャル・マクラクラン26歳。身長は179cm、逮捕歴は無し。8年前に一度本国に帰国していましたが兵役を逃れる為に今は日本に舞い戻って来ています。
バトー:大使の息子!?手出し出来ないんじゃねえか?
荒巻大輔:特権免除を放棄するよう本国と掛け合おう。
草薙素子:犯人の現在位置は?
イシカワ:環状6号を福岡方面に逃走中。
バトー:いい車乗ってやがんなあ。青二才のぼんぼんが。
イシカワIRシステムの写真で見る限りじゃ助手席にはジェリも乗ってる様だ。
草薙素子ジェリね。間違いないわ。
荒巻大輔:タイミングを見計らって高速を降りるよう誘導しろ。その上で袋小路に追い込め。具体的なアクションを起こすのはそれからだ。いいな?
一同:了解。
草薙素子:いいわねえ。ラストドライブは海沿いか・・・でもロボットを買って自分好みの彼女にしようなんて発想からして、マッチョ※1よね。気に入らないわ。
トグサ「マッチョ!?少佐が言うなよ。」
バトー:ふうむ。女性代表、尊重すべき意見だな。
草薙素子:どうせ自分家に閉じ込めて料理洗濯させてるんでしょ?
トグサ:料理と言っても大した物は作れないんじゃないすか?そこ迄の機能をあの価格で実現出来たとは思えないんですけどね。
草薙素子:じゃあ何させてるのよ?
トグサ:う・・・俺に怒らないでくださいよ・・・
バトー:はっはっはっ。
トグサ:まあ、飾って朝晩眺めるとか・・・?
草薙素子:やっぱりマッチョじゃない。
トグサ「だから少佐が言うなって・・・にしても何でまたそんなポンコツの旧型ロボットにこだわってんだ?そいつは。」
バトー「いつの時代にも金じゃ買えない旧式デバイスへの熱きノスタルジー※2を捨てきれない輩がいるって事さ。お前と気が合いそうじゃねえか。」
トグサ「う・・・やめてくれよ。そういうあんただってこんな私物の旧車転がしてるじゃないか。」
バトー「ふん。俺のはメカへのピュアな愛情!」

ジェリ「何してるの?」
マーシャル・マクラクラン「見つめている。」
ジェリ「何故見つめているの?」
マーシャル・マクラクラン「見つめているから。君の横顔は最高だよ。とても君らしい。」
ジェリ「私より美人は多いじゃない?」
マーシャル・マクラクラン「でもなんか変なんだ。上手く行かないし、惨めな気持ちになる。怖いかい?」
ジェリ「怖いけど、慣れたわ。」
マーシャル・マクラクラン「何か優しい事を言ってくれないか?」
ジェリ「私にも分からない。貴方、魂の存在を信じる?」
マーシャル・マクラクラン「優しさだけを信じるよ。」

マーシャル・マクラクラン「糞!工事か・・・同じ結末なんかにしない!」

バトー:予定通り高速を降りた様だ。そのまま誘導をお願いします、少佐殿。
草薙素子:任せなさい。
トグサ「GPSに介入して有りもしない渋滞を作り出す、と。」
バトー「有能な隊長の下で働くってのは楽しいだろ?」
トグサ「んんー!」
バトー「誘導完了!少佐殿に感謝だな。後は猿親父からの連絡を待つのみか。」

バトー「居た居た。」
荒巻大輔バトーバトー:へいへい。
荒巻大輔:特権免除の放棄に成功した。行け!
バトー:了解!
トグサ「仮にも大使の息子なんだ。無傷でいきましょう。」
バトー「当たり前だ。なるべくなら穏便に話し合いで解決するさ。昔から銃撃や格闘よりも交渉の方が得意だしな。」
トグサ「んー、そうでしょうねえ。」

バトー「見てらんねえな。」
トグサジェリ連れてちゃそう速くも走れんだろ。」

マーシャル・マクラクラン「あ!」
マーシャル・マクラクラン「僕はカナダ大使ハーバード・マクラクランの息子、マーシャル・マクラクランだ。僕を逮捕する事は出来ないぞ!」
バトー「特権免除ならさっき本国が放棄したぞ。」
マーシャル・マクラクラン「えっ!?」

マーシャル・マクラクラン「どうして・・・?糞!やっぱり無理なのか・・・」

マーシャル・マクラクラン「来るな!」
バトー「待て。」
マーシャル・マクラクラン「僕達は一緒に居たいだけだ。邪魔するな!行くぞジェリ。」

マーシャル・マクラクランジェリ、何をする!?気でも狂ったのか?」
ジェリ「いいえ、正気よ・・・いや、そう狂ったの。一緒に行きたくないの。もう貴方を愛したくない。」
バトー「何処がぽんこつなんだよ?9課のよりよく喋るじゃん。」
ジェリ「ご免なさい、本当に愛してた。」
トグサ「どういう事だよ・・・?」
バトー「ううむ・・・」

バトー「どうも不可解な事件だったな。」
草薙素子「そう?随分分かり易い事件だと思ったけど。最終的には国会議事堂とは無関係な事が証明されちゃったけどね。貴方はこの事件をどう見てるの?」
バトー「旧型ロボットに郷愁を抱くメカマニアの青年によるメーカーの脅迫。ま、でも結局はそれが逆に部品製造の中止を促したのは皮肉だがな。」
草薙素子「自分のアンドロイドを世界でたった一人しか存在しない女性にしたかったんじゃない?」
バトー「その為に奴は他のジェリを悉く破壊しようとしたってのか?」
草薙素子「動機は短絡的だし、手段は不器用だけどね。」
バトー「おいおいおい、珍しく感傷的じゃねえか。仮にそうだとしても自分のジェリには保護コードをかけてた。そのジェリ迄が最後におかしくなったのはどうしてだ?あれからはやっぱり何のウイルスも検出されてないんだぜ?」
草薙素子「ふふ・・・」
バトー「まさかジェリが青年を助けたっていうのか?ジェリゴーストのないロボットだぜ!?」
草薙素子「小さい頃、上手く義体が使えず大事にしていた人形を握りつぶして泣いた事があったわ。」
バトー「今じゃ世界でも屈指の義体使いじゃねえか。」

トグサの妻「お帰りなさい。」
トグサ「また昔の映画観てんの?」
トグサの妻「やっぱり映画は20世紀に限るわよ。」

男「気でも狂ったのか?」
女「いいえ、正気よ。いや、そう狂ったの。もう貴方を愛したくない。」

男「気でも狂ったのか?」
女「いいえ、正気よ。いや、そう狂ったの。もう貴方を愛したくない。」

トグサ「これが元ねたか・・・」

男「悲しみは無意味だ。悲しみと無とでは、僕は無を選ぶ。」

女「貴方、魂の存在を信じる?」
男「優しさだけを信じるよ。」

男「気でも狂ったのか?」
女「いいえ、正気よ。いや、そう狂ったの。もう貴方を愛したくない。」

トグサ「ん・・・?ジェリが口にした最後の言葉が無いな。おい、この映画この後に何か台詞あったろ?」
トグサの妻「ん?無いわよ。完全ノーカット版だもん。」


脚注
※1:macho 男らしい、男性的な、たくましい、マッチョな、の意。
※2:nostalgie フランス語。異郷にいて、故郷を懐かしむ気持ち。また、過ぎ去った時代を懐かしむ気持ち。郷愁。

「第3話 ささやかな反乱 ANDROID AND I」をGoogle検索
「第3話 ささやかな反乱 ANDROID AND I」の画像検索
「第3話 ささやかな反乱 ANDROID AND I」の動画検索